2017/03/26

百合子さんのあの頃

武田百合子さんの『あの頃』ついに入手!といいつつ、読むのがもったいなくて、まだ開いてもいない。
触ることさえもったいなく感じて(でも、この表紙すごく触り心地いい)、ただただ眺めて(表紙の百合が美しい)は、読みたい気持ちと、読むのが惜しい気持ちとのせめぎ合い。






2017/03/24

キラキラ☆ドーナツとモスのおしるこ、いただきもす

のび子が買ってきたクリスピークリームドーナツをいただきます。
あまーーいよ。








図書館で予約本受け取り、モスバーガーのおしることコーヒー。
時々、行っていたショッピングセンター内の本屋がリニューアル後、ぐんと縮小されていた。
ガッカリしたけれど、図書館で借りたり、ブックオフで買うことの多い私にそんなこと言う資格も無いわな。






2017/03/22

つぶあんの美しさに見惚れる

猫丸先輩シリーズからの『星降り山荘の殺人』。
読者への挑戦状のあるミステリーで一度も犯人を当てたことがないので、今回も多分わからないだろうなぁ……と思いながら読んでいる。
お供には、つぶあん団子と緑茶。










「私」と打とうとして「わつぃ」と打ち間違える。
ちょっとどうかと思うくらいしょっちゅう「わつぃ」と打ってしまっては、間違いに気づいてその都度訂正しているのだけれど、もういっそ「わつぃ」でもいいような気がしてきている。
発音するとしたら「わし」と「わい」の中間だろう。
もし、今後、私が「わつぃ」と打っていたら、脳内で「私」と変換しておいてください。




2017/03/20

丁稚ようかんが似合う街

いただきものの丁稚ようかん。
あっさりしているので、こんな太く切ってもペロリとイケる。
ようかんと珈琲の組み合わせは最高。
読んでいる本『ブダペストの古本屋』と丁稚ようかんが合うかどうかは気にしない(笑)





2017/03/17

スパイシーライフ

朝から『生きるかなしみ』を噛みしめつつ、カレーパンのスパイスを味わいつつ。
人生にスパイスは必要か?
花粉はスパイスじゃないよね?(涙目)
昨日、調子に乗って、露天風呂で長湯したせいか、目も鼻も絶不調です。
目玉取り出してアイボンに浸けておきたい。





2017/03/16

スーパー銭湯でリフレッシュ後

気の張る用事が終わり、疲労回復のためスーパー銭湯へ。
風呂上がりのフルーツ牛乳。




スーパー銭湯からの帰りにローソンのずっしりコロッケのコッペパンとビールを買って帰宅。
コロッケパン好きにはこのサイズずっしりがうれしい。
『食べテツの女』読んでいたら、イカゲソ天が食べたくなる。
今日はもうゴロゴロして本を読む以外何もしない日。






2017/03/14

ベルガモットでほろ酔い読書

チューハイなのに、ベルガモットの文字に惹かれて。
少し苦味のあるレモン風味。
美味。
ほろ酔い読書。






2017/03/12

紹介しよう!

ブックマークしているインスタグラムのページの更新をチェックしたいので、自分でもインスタグラム登録してみました。
まだ、何も投稿していません。
特に投稿したいことも今のところ思い浮かばないので、ROM専用登録のつもり。



お気に入りの本関連インスタグラムを3つご紹介。

librairie_mollat

フランスの本屋さん。
さすがお洒落ー。
水木先生の本、タイトルがそのまま「YOKAI」だった(笑)
表紙が顔写真の本と実際の人物を組み合わせた写真が素晴らしい!




Subway Book Review

NYの地下鉄で本を読んでいる人と本を紹介したインスタグラム。
老若男女。
人種も様々。
本を持ってパチリ。
皆さん、いい表情。





Hot Dudes Reading

こちらは同じNYの地下鉄読書通勤男子。
自分が電車に乗って向かいの席から読書男子を眺めているような盗み見気分。





2017/03/08

豆大福とフエキ・プリン

のび子が買ってきてくれたフエキ・プリン。
中身は糊じゃなくてプリン。
5つ並んでいるのが何とも愛らしい。








『豆大福と珈琲』を読みながら、豆大福を食べ、珈琲を飲む。
THE ベタ!!





2017/03/07

真似っ子

ブックオフオンラインで買った『Coyote 旅人のおかえりごはん』。
表紙のおにぎりが美味しそうで真似てみました。
中身は梅干、とろろこんぶ各々一。
表紙のおにぎりは『おべんとうの時間』のカメラマン阿倍了さんのおべんとう。








読書メーターの読友様のつぶやきで美味しいと評判だったので遅まきながら明治のTHE chocolate 70%を、ちょいといただきました。
もっと苦いかと思っていたけれど、程のよい甘さで、これを食べ慣れたら普通のチョコレートは甘過ぎると感じそう。





2017/03/06

なぜに、anan?

大将がコンビニで見かけて読みたがっていて、そのくせ自分では買えないというので買って来た。
読み終わったら貸してあげる約束。
もっと、どぎつい男性向けエロ雑誌とかあるのにーなんでanan?
女から見たエロスを知りたいのかしらん?







今日の「100分de名著」は宮沢賢治。
第一回目の今日は『注文の多い料理店』朗読はクラムボンの原田郁子さん!

2017年3月6日(月) 午後10時25分~10時50分/Eテレ








文豪って変態多いのか。
いや、人類皆変態。




2017/03/04

お土産のお菓子、イスラームネームと用語に苦戦

期限がきたので貸出期間延期した『絶筆』と、お土産にもらった銘菓出雲阿国。
母恵夢や博多とおりもんのようなお菓子かと思って食べたら、その手のお菓子の中身(黄身餡?)に小豆が入っているようだった。







あんぱんとほうじ茶。
『イスラーム国の黒旗のもとに』頻出するイスラーム用語と、ロシアンネームに勝るとも劣らぬややこしいイスラームネームに悪戦苦闘……。





2017/03/01

妖怪だらけ

昨日は、ぐりとぐらのかわいい切手を貼った手紙が届いてうれしむ。
レーズントーストにバター塗ってしあわせ。
『水木しげるの妖怪探険 マレーシア大冒険』木彫りの精霊像を一日目にして100体も爆買いする水木先生!
常人にははかり知れぬ大人(たいじん)である(笑)







この間、読んだ川上弘美さんの『このあたりの人たち』に出てきた「ざんげの値打ちもない」という歌が気になって(スナック愛のママのカラオケ十八番)、YouTubeで検索して聴いてみたらサビのところが頭に残って離れず。
ちあきなおみの「夜へ急ぐ人」に次ぐ衝撃の昭和歌謡。
中毒性あり、つい繰り返し聴いてしまう。









このあたりの人たち (Switch library)   川上 弘美